carte postale 〜スウカツ!〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 切ってはって算数力「穴あきサッカーボール」

<<   作成日時 : 2014/10/22 09:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10月から朝日新聞の日曜日の子育て面で連載(隔週)が始まった坪田耕三先生の「切って はって 算数力」を参考に、正五角形の穴が開いた「サッカーボール」を作ってみました。

画像

本来は正方形の折り紙から、正三角形を切り取り、頂点を中心に向かって折って、正六角形のパーツを作ることになっています。

1枚作って構造を確認したところで、私は折り紙をぽち袋として使うときの「六角形折り」と途中まで一緒でしたので、20枚の正六角形を「折って、切って、折る」のところを全部「折って」作りました。

そのほうが、パーツとしてはしっかりできあがると思いまして。

本来の趣旨のしくみを把握することを重視するには、
記事のとおりに作ることをお勧めします。

動画で詳しい作り方も確認できるので、とてもよくわかります。

「穴あきサッカーボール」の動画は→ こちら


そして、下の写真は夏休みに東京理科大学にある秋山仁先生の「数学体験館」のワークショップで作った「スケルトンサッカーボール」です。

画像


「穴あきサッカーボール」は正五角形の穴があいていましたが、「スケルトンサッカーボール」のほうは、反対に正五角形のほうが木の板で、正六角形のほうが穴になっています。

「スケルトンサッカーボール」は中心に3枚の板が組まれているのが、見えますか?
黄金比の長方形が組まれたものになっていると教えていただきました。

さらに、下の写真は春休みに数学検定協会の「数学カフェ@東京」でストローと輪ゴムで作った「正二十面体」です。
画像


どちらのサッカーボールもこの「正二十面体」の頂点の部分を切り落とした形になっているとのこと。


別々に出逢った立体図形工作。
出来上がりは少しずつ違うものなのに実は全部同じものだったのですね。

こうやって並べてみるとよくわかります。 おもしろーい!

手を動かして作ってみることって大事ですね!





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
切ってはって算数力「穴あきサッカーボール」 carte postale 〜スウカツ!〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる