carte postale 〜スウカツ!〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 数学者が読んでいる本ってどんな本

<<   作成日時 : 2014/04/03 10:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりに東大駒場リサーチキャンパスへ行きました。
子どもを広場で遊ばせながら、カフェでお茶できるのです。

おやつを調達するため、大学生協に入ってみると、数学をはじめとする科学系の本がたくさん目に入ってきました。

(よくわかってないクセにわくわくします。)

手にとってみたのは、次の2冊。

『数学者が読んでいる本ってどんな本』

数学シンポジウムに出席なさっていた

小谷元子先生
森重文先生 

BS歴史館で関孝和のお話をしてくださった
上野健爾先生

(☆BS歴史館 関孝和 再放送決定!!! 4月15日(火)17:00〜18:00)

ほか、数学歴の浅い私でも知っ ている数学者の先生方のお名前がズラリ。


神田神保町書泉グランデの「数学者の書棚」フェアの記録。
数学の世界に進まれた経緯やその本からどのような影響を受けたのかが綴られていて興味深い一冊でした。

数学者が読んでいる本ってどんな本
東京図書
砂田利一


Amazonアソシエイト by 数学者が読んでいる本ってどんな本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



『折紙の数理とその応用』

アルキメデスの螺旋バラを作ってみたいので、読んでみたかったものの、図書館や一般の書店では置いていなかった本です。

Amazonに注文してもいいけれど、高価な本なので躊躇していました。

内容を確認しましたが、さすがに今の私には、難しすぎました。

しかし、きれいな折紙を見ると買わずにはいられない私。潜在的に折紙が好きなのだ思うのです。

将来のために手元に置いておきたい一冊です。

折紙の数理とその応用 (シリーズ応用数理 3)
共立出版


Amazonアソシエイト by 折紙の数理とその応用 (シリーズ応用数理 3) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



もっと数学を学びたくなったら、大学生協や書泉グランデを訪ねるといいですね。

最新の数学本が揃っていますから。


娘は東大の駒場リサーチキャンパスや東工大のキャンパスで遊んで脚力が鍛えられました。

これからは学力も鍛えてほしいものです。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
数学者が読んでいる本ってどんな本 carte postale 〜スウカツ!〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる