carte postale 〜スウカツ!〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 藤子・F・不二雄展

<<   作成日時 : 2013/09/05 13:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京タワーで開催中の藤子・F・不二雄展に行ってきました。



 「バイバインのドラえもんはいるかな?」 

と、娘と一緒に真っ先に探したのは、ひみつの道具「バイバイン」を持ったドラえもん。

会場になっている建物の屋上に、東京タワー55周年に合わせて55体のドラえもんが整列しています。


「あったーーー」

と、娘が先に見つけてきました。

画像


画像


なぜ、「バイバイン」なのかといいますと、

4月に
サイエンスナビゲーターの桜井進先生の講演会
母娘で参加したのをきっかけに数の世界に興味を持ち、
先生の算数と数学の教室に通い始めました。

その教室で「バイバイン」のお話をしてくださったからです。


この薬を1滴たらすと5分で2倍、また5分たつとそのまた2倍にとどんどん増えていく。

そう、ここにかけ算が登場します。

最初の5分たつと1×2=2   で2個
また5分たつと  2×2=4   で4個
また5分たつと  4×2=8   で8個
その後       8×2=16 で16個
          16×2=32 で32個

と、どんどん増えていきます。

食べ残した1個が、1時間後、2時間後には膨大な数になってしまうのです。

藤子・F・不二雄先生は何分後にいくつになるかしっかり計算して、
正確な数をドラえもんのお話の中に盛り込んでいらっしゃったということです。



そして、

2→4→8→16→32 は、

2→2×2→(2×2)×2 →(2×2×2)×2 →(2×2×2×2)×2

2→「2の2乗」→「2の3乗」→「2の4乗」→「2の5乗」

でもあります。

指数も登場です。


さらに、

4×8=32

「2の2乗」×「2の3乗」=「2の(2+3=5)乗」


「何乗したか」に注目した考え方、

対数(log )も登場です。

あらかじめ、多くの数について、
「2を何回かけた数なのか」を計算して数表にしておけば、
その数と数のかけ算の答えが
「2をかけた回数」をたし算して表をみればわかる。

2=log2
3=log2

5=log232

4×8の答えは、
2+3=5 ができれば、32とわかる。

高校生のころの数学の授業で、さっぱりわからなかった対数(log)も
こうやって見せてもらうと、ぜんぜん難しいと思いません。

しかも、

対数という計算方法は、人の命を守るために生まれたそうです。

計算機のない時代は、計算はすべて手作業。
航海中、海の上で自分の位置を知るためには、
空に輝く星の運行から
複雑かつ膨大な計算をする必要があったのです。

計算に時間がかかってしまうと、命を落とす危険も高まる。
少しでも計算が簡単になるようにと対数を考えたというわけです。


log という表記が拒絶してしまう一因になっているならば、

logarithm = logos + arithmos

対数 =  神の言葉 + ギリシャ語の数 の

造語だと知ることによって、心境が変わります。


こんな話を知ると、数学を学びなおしたくなりませんか?


桜井進先生の講演会、教室の情報は、
先生のWebページからメルマガ登録すると、
随時届きます。


話を、藤子・F・不二雄展に戻します。

やはり、原画コーナーをみているときが、一番ワクワクしましたね。
制作にかかわった人の思いが、紙にしみこんでいると思えるので。
紙という素材も好きなんです。

フードコーナーで販売している「暗記パンラスク」には、
かけ算が書かれていますから、
食べた娘がかけ算九九を覚えてくれるといいなぁ。



9月3日はドラえもんの誕生日!

ということで、特別ライトアップもしていました。

ドラえもんカラーに鈴がポイントです。

画像



99年後に本当にドラえもんが誕生するといいですね。



2112年9月3日、ドラえもんは本当に誕生する! (ソフトバンク新書 49)
ソフトバンククリエイティブ
桜井 進


Amazonアソシエイト by 2112年9月3日、ドラえもんは本当に誕生する! (ソフトバンク新書 49) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



バイバインが掲載されている本

ドラえもん (17) (てんとう虫コミックス)
小学館
藤子・F・不二雄


Amazonアソシエイト by ドラえもん (17) (てんとう虫コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
藤子・F・不二雄展 carte postale 〜スウカツ!〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる